自分がハッピ―でなければ・・。

ホットココアの恋しい日が続きますね。
今日もお元気でお過ごしですか。

ここ2ヶ月ほどは、ホームページをご覧くださって、お越しくださりお話させていただく機会が増えました。

みんな試行錯誤

お話していると、それぞれの人生の分岐点での女性の立場をあらためて感じながら、「生きる意味」を考えることが多くなりました。

カウンセリングにお越しくださる方の大半が○○との関係性が難しいというもの。
でもこれは、○○を通して見えている自分自身との対話のように感じます。

子どもとの関係性を取り上げてみても、
「私の言うことを全く聞いてくれません」は、一見子ども側に原因があるように聞こえますが、
「私がどう伝えたら伝わるのでしょうか?」と自問自答しているお母さん自身の姿が重なっています。

相手ではなく自分が変わる

今置かれている状況がどうであっても、まずは「自分がどうなりたいかを最優先!」

どうなれば、自分が幸せを感じられるのか。
そうなるために「自分ができること」は何なのか。

自分が幸せでなければ、相手を思いやったり、これから進んでいく方向を見定めることが出来ません。

人は、自分以外のウイークポイントを探し出す作業は案外得意ですが、自分自身と向き合うことが苦手です。(※特に日本の人は苦手な方が多いと言われています)

相手側に変化を期待したいのは山々ですが、相手を変えるには、かなりの期間と根気が必要です。
また、仮にかなりの年月をかけて根気よく向き合ったとしても、相手が変わってくれる保証はありません。

ならば、残る選択肢は、「自分の発想を変える。
これなら、自分の受け止め方次第で、悩んでいる事柄は、違って見えてくる可能性があります。

 

自分の個性は、第三者からメッセージをもらうとはじめて気づく

「自分の得意なことや自信のあることを教えて下さい!」
今、こんな質問をされたとしましょう。

あなたは躊躇せずに、即座に答えることが出来ますか。

頭の中では、思いついていてもなかなか言いにくい・・と、感じる人が多いのではないでしょうか。

でも、この「得意なこと」「自信のあること」をしている時、あなたは幸せを感じています。

あなた自身が幸せになるためには、まずこれを探して自分と向き合う必要があるのです。

置かれた立場や状況は、あなた自身で変えることが出来るものばかりではありません。
でも、あなたの考え方を変えることは、今すぐに始められますよ。
どんな状況であっても・・。

あなたの笑顔に繋がる、あなたの個性を見つけ出すお手伝いが出来ればと思っています。

私自身も、ハッピーで人生を楽しみたいと思っています(^_-)-☆