心の揺らぎ

今日は節分。
暦では今日からが新しい1年ですね。

今年は冬らしい寒さがあまり感じられませんが、着実に春に向かい、季節は進んでいます。

この時期。
学生であれば、卒業式や終業式が近づき、社会人であれば転勤辞令や部署移動など変化の多い環境でもあります。

変化をどのように受け止めるか

誰でも慣れ親しんだ環境から新しい環境へと向かう時には、多かれ少なかれストレスを感じています。
しかし、受け止め方次第では、わりと短い期間で上手に新しい環境を楽しんでいる人もいるのではないでしょうか。

 

自分を知っている人は、対応能力が高い!

カウンセリングでのご相談も、この時期ならではの心の揺らぎを感じるものが増えています。

3月に高校を卒業し、家を出ていく娘との時間。
これまでは、一緒に共有していた時間も空間も、4月からの新生活では様変わりしてしまう不安を感じ始めて、何とも言えない虚無感と闘っています・・という方。

4月に我が子がこども園に通うタイミングで仕事復帰。
あと僅かしかない子どもとべったりの生活が一変してしまうと思うと一抹の不安が・・と、話されるお母さん。

環境の変化をどのように受け入れ、自分らしく過ごすのかは、みなさんのそれぞれの課題となっています。

自分の感情を受け止められる人は、新しい環境においても、対応力に優れています。

不安な気持ちを自分に承認する

 

(しっかり受け入れて頑張っていかないと・・。)
それができるぐらいなら、みんな悩んだりしていません。

しかも、頑張る!って、自分の気持ちに対して嘘をついているような・・。

不安や虚無感が自分の中にあることを認めることから始めませんか。

そして紛らわすのではなく、今こんな気持ちになるまで、懸命にがんばってきたことを承認し、自分のこれまでを褒めてみませんか。

自分を好きになる

 

まずは、自分に優しくなる。
そして、自分に対して丁寧に接する。

自分を好きでない人は、他人に対してもいつも何かに怒っていたり、不満があったりしている傾向が強いです。

自分をいたわる自分になれる。
まずは、「自分だけの時間」がおすすめですよ(^_-)-☆